起業の教科書

起業・独立開業なら起業の教科書ガンガン稼ぐ自分を作る!

ガンガン稼ぐ自分を作る!

チーズから人生を学べ!?

この本はチーズを求めるネズミのお話。 そんなお話が、IBM、アップル・コンピュータ、メルセデス・ベンツ等、などのトップ企業の社員教育に採用されているすごい本です。 各国でベストセラーとなった注目の本書は単純なストーリーな…

幸せな金持ちと不幸な金持ち、どちらになりたい?

この本はアメリカに渡った著者、本田健氏がフロリダで出会った大富豪から、 幸せなお金持ちになるための秘訣を教わった体験を詳しく書いた本です。 本田健氏といえば、幸せな金持ちをテーマに多くの本を書いています。 その原点となっ…

もう読んだ?7つの習慣

7つの習慣は、1990年に初版が出版され、以来1000万部以上を売り上げるビジネス書として現在もベストセラーを続けている本。それが7つの習慣です。 著者のスティーブン・コヴィー、彼は1776年以来出版された成功に関する文…

できるやつは仕事も勉強もできる?

勉強に有効な方法があるならぜひ知りたいと思いませんか? よく東大に合格した人の勉強法とか司法試験に勉強した人の本がありますよね。 やっぱり勉強ができる人は、効率的な勉強法を知っているように思いませんか? 自分でやり方を作…

世界中で1世紀以上愛されているベストセラー?

イギリスの哲学者、ジェームス・アレンがこの本を書いたのは1902年。 それからおよそ1世紀にわたって世界中で読まれてきました。 世界には自己啓発書を言われる本はたくさんありますが、その本のほとんどがこの本を基本を書き直し…

成功の第一歩を踏み出すために大切なこととは

京セラ名誉会長、稲盛和夫氏 彼が小さな碍子会社の研究者を経て、27歳で京セラを立ち上げ、世界的企業まで育て上げた一流の経営者である彼が、ビジネスの成功だけではなく、人間は何のために生きるのかをテーマに書いたのがこの本です…

孫正義と柳井正が認めた男とは?

この本を人生のバイブルだというのは、ユニクロ会長社長の柳井正とソフトバンクの孫正義という日本でも有名な2人。 この本を読めば彼らがいかにレイ・クロックから大きな影響を受けたかがわかるのです。 ■成功はゴミ箱の中に この本…

ライバルよりも一歩先を出る技術とは?

あなたはなぜいつもその店で買い物をするのでしょうか? その理由に気づいているかはわかりませんが、そこには必ず理由があるのです。 場所がいいから、おいしいから、値段がいいから、この店にしかないものだから・・・ ■あなたがそ…

発明して大金持ちになるためには!?

発明して特許をとってお金持ちに・・・ そんな発明家に憧れている人も多いと思います。 でも実は発明家になるのって結構大変なんです。 ■発明して特許を手に入れよう! ある主婦が発明した、洗濯機の糸くずとりを大手メーカーに採用…

日本一の社長ってだれだ?前半

いきなりですが、日本一の社長って誰だと思いますか? 2006年から高額納税者番付の公開がなくなってしまったので残念ながら日本のお金持ちは不透明になってしまいましたが、1993年から全国高額納税者番付の10位以内にただ1人…

日本一の社長ってだれだ?後半

そんな日本一の社長、 斉藤一人さんの本からいくつか成功の秘訣をご紹介していきましょう。 ■斉藤一人さんの成功の3つの秘訣 ①言葉の力 「困ったことは起こらない」という楽観的な基本姿勢を成功の秘訣としている一人さん。 「幸…

2 / 212
ページトップへ